光脱毛とレーザーの違い

光脱毛をお考えの人は多いかと思います。でもレーザーとの違いがいまいち分かっていない人も多いかと思います。

光脱毛の維持期間は済ませてしまえば永久的にムダ毛フリーです。 そのメリットは脱毛機器の照射力が痛みも少なく赤みも出にくいところです。 デメリットはレーザー脱毛より完了するまで時間がかかることです。

本格的に早くムダ毛とお別れしたい方は、エステサロンや医療機関に行くのが自宅での自己処理よりも確実に効果的に脱毛できるでしょう。

脱毛サロンで脱毛をお考えの場合、流行っている脱毛方が「光脱毛」です。光脱毛は肌の黒い色素に反応する光を使って、毛にダメージをあたえて毛を根本から除去します。

レーザー脱毛よりも弱い光で脱毛するため、痛みや肌荒れも少ないです。光脱毛の光は広範囲を一度に施術することができるため、背中や手足といった広範囲の部位脱毛に適しています。しかしほかの脱毛方法と比べて時間がかかるという面もあります。通う回数によって、徐々に生えてくるムダ毛も薄くなってきます。

長期的にみて徐々に毛を減らして永久脱毛へともって行きたい人には最適です。毛の周期の関係上、毛を薄くするには半年?1年半、なくすのには1年半?3年ほどかかるといわれています。この時間を長いとみるか短いとみるかは個人の意見によりますが、この時間を我慢すれば後は、太いムダ毛は生えてきません。

一方、レーザー脱毛は、脱毛持続期間は済ませてしまえば永久的で、メリットは効果が高く短い期間で終わります。デメリットは施術後に赤みがでることがある点です。

レーザー脱毛は光脱毛と同じ要領で、皮膚の黒い色素に反応する光によって毛にダメージをあたえる脱毛法です。光脱毛との違いは、医療機関のみで施術できるので安心安全で脱毛をすることができます。

レーザー脱毛は光脱毛と比べて光の照射量が多く、脱毛の効果が高いのも特徴ですがその分痛みは部位によって半端ではありません。そのため施術後に赤みがでることもありアフターケアがその後の数日間のお肌の状態に左右します。

でも、医療機関で受ける脱毛なので、お肌にトラブルがあれば直ぐに対応してくれます。定期的に通えば1年程度で脱毛が完了することが多いようです。

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓


ひまわり証券でFXを